利用用途が多い性病薬といえば”レボクイン”

レボクインは、クラビットのジェネリック医薬品です。

レボクイン

ほかの性病薬よりも抗菌性が高く、多様性があるのでさまざまな疾患の薬として使用されています。

性病薬として使われることが多く、特にクラミジアや淋病の治療薬として用いられています。

主な成分はレボフロキサシンで、「細菌」による感染症に効き目がある抗生物質です。

レボクインの効果と特徴

拍手

クラミジアや淋病などの性感染症以外にも、咽・喉頭炎や扁桃炎などの呼吸器感染症、婦人科感染症、尿道炎などの下半身に関する病気、耳鼻科感染症、皮膚感染症など広い範囲の感染症の治療に使用されています。

また、副作用が少ないところもポイントです。

【価格】レボクイン250mg(10錠):2000~3000円

レボクインの服用方法

1回500mg(2錠)を1日1回お水で服用して下さい。

※レボクインと同時に服用すると副作用が現れる薬もある為に、同時に薬を服用する場合には注意が必要となります。

レボクインの副作用

カップル

レボクインの副作用は比較的少ないといわれていますが、発疹、じん麻疹、光線過敏症、下痢・軟便、吐き気、めまい、頭痛、眠気などが挙げられています。

稀に、アナフィラキシー、粘膜障害、けいれん、アキレス腱炎などが起こることがあります。

※上記のような症状が表れた場合には、服用をやめ医師の診断を受けてください。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ