感染症は抗ウイルス剤のバルトレックス

valtrex

バルトレックスはグラクソ・スミスクライン社より販売されている第二世代の抗ウイルス薬です。

ヘルペスウイルスが原因で起きる帯状疱疹や単純疱疹、性器ヘルペス、水痘(みずぼうそう)等の治療に用いられます。

ウイルスに感染した細胞の中で活性化してウイルスDNAの複製を阻害し、体内でウイルスが増殖するのを抑える働きがあります。

体内に効率よく吸収されるため、1日1回から3回の服用で効果を発揮します。

錠剤(バルトレックス錠500)と顆粒(バルトレックス顆粒50%)があり、錠剤はやや大きい楕円形で服用しにくい場合があります。

通常成人が帯状疱疹でバルトレックス500を使用する場合、バラシクロビルとして1回1000mg(2錠)を1日3回、経口服用します。

valtrex

単純疱疹の治療としてはバラシクロビルとして1回500mg(1錠)を1日2回、経口服用します。

バルトレックスは多めの水やぬるま湯で服用してください。症状により服用量・回数が異なる場合があるので医師の指示に従って服用してください。

副作用として下痢や発疹などが起こる場合があるためご注意下さい。

また腎機能が低下している人、高齢者などは急性腎不全、意識障害など重い副作用が現れる可能性があるため更なる注意が必要です。


わたしは帯状疱疹にかかった際バルトレックス500を処方されました。薬価は高めですが、早期に診察、服用したためか水疱の拡大など症状の悪化が抑えられたと感じています。

錠剤では形状が大きめなので、そのまま飲むには多少の飲みにくさを感じました。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ